リフォームの契約と納品

-->

リフォーム会社が決定したら、最終的な見積書、工事の図面、仕上げ表等を細かくチェックして、不備がないかを十分確認します。 この時点でわからないこと、不安なことなどあれば、必ず納得が出来るまで説明を求めることが大切です。

その場での契約は、見落とし等のリスクもあり、一度家に持ち帰って、じっくり契約書を確認して、サインすることが望ましいでしょう。 なお、リフォームを開始する前には、隣近所などへの騒音などのご迷惑を、あらかじめお断りしておくことが大切です。

リフォームが開始したら、納品までの期間は、定期的にリフォーム箇所をチェックすることが必要で、完成後も不具合がないか、 十分調べてから納品してもらうことが大切になります。納品後に不具合が見つかった時の連絡先も、確認してくことが重要です。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】