リフォーム中の仮住まい

-->

リフォームを大々的な規模で行う場合には、自分で仮の住まいを探して、一定の期間そこで過ごす必要が出ることもあります。

最近では、施工方法の工夫などによって、ほとんどの場合住んだままでのリフォームが可能となっているようです。しかし、 全面的な改装など、大掛かりなリフォームの場合には、やはり一定期間でも仮住まいをすることが必要になってきます。打ち合わせの時点で、 仮住まいの必要はあるのかを確認し、どこにするのかを考えておく必要があります。

また、仮住まいの必要がないリフォームでも、部屋の解体工事を伴う場合などは荷物を一時的に移動させる必要があり、 ウィークリーマンションやトランクルームを利用することもあるようです。仮住まいの経費も、リフォーム以外の経費として、 予想外にかかってしまうこともあるので、注意が必要です。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】