リフォーム現場のチェック

-->

リフォームの際には、施工不良や手抜き工事を防ぐためにも、定期的にリフォーム現場をチェックすることを必ず行わなければなりません。

まず、修正のしやすい木工事の段階での現場のチェックが必要です。この段階で骨組みが完成するので、 おおまかな間取りやスイッチやコンセントの位置も確認することが出来ます。住みながらのリフォームは、 常に工事の進行状況や内容をチェックすることが出来ますが、仮住まいの場合は、なかなかリフォームのチェックが難しいかもしれません。

しかし、後で後悔しても遅いのですから、定期的に現場を訪れ、自分の目で必ずチェックすることが大切です。特に、 大規模リフォームの場合には、工程の節目に限らず、出来るだけ現場に出向くことが必要で、 計画通りにリフォームが行われているのかチェックすることがなにより大切になります。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】