リフォームでの補助や助成のシステム

-->

リフォームには、多額のお金が必要となりますが、高齢者のためのリフォームにかかる費用は、補助や助成を受けるシステムがあります。

具体的なリフォーム内容は、介護の為に住宅をバリアフリーにしたり、手すりをつけたりする工事が対象となります。 この補助や助成の内容は、各自治体によって異なるため、事前に調べることが必要です。 介護保険の適用を受けている高齢者のための介護に関するリフォームでは、 最高で20万円までのリフォーム費用の9割を補助してくれるシステムもあります。

また、高齢者のためのリフォーム以外でも、住宅金融公庫等にリフォームローンを斡旋してもらうと、 規定の利率より低い金利で融資を受けることが出来る、自治体からの助成システムもありますので、事前に調べて利用出来るものは、 かしこく利用していきたいものです。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】