介護保険適用のリフォーム

-->

高齢化社会を迎え、介護人口は益々増加傾向にあります。介護の為に住宅をリフォームした場合、 介護保険が適用されるものがありますので、ご紹介していきましょう。

要介護度に関係なく 適用範囲は20万円までが限度額となっており、20万円を上限として、 リフォーム費用の支給申請をすることになり、最大18万円が保険で給付されることになります。なお、介護保険が適用されるリフォームは、 トイレや浴槽などへの手すりの取付けや、スロープ等での床の段差の解消に関するもの、滑りを防止したり、 移動を円滑に行うための床や通路面の材料の変更、引戸などへの扉の取替えや便器の取替えなどになっており、 さらにリフォームに付帯して必要となる住宅改修の範疇に限られたものになっています。

本人や家族の希望に添って、ケアマネジャーなどの専門家の意見も取り入れ、介護される方も介護する方も、 安心して住みやすい住宅へのリフォームにしたいものです。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】