子供部屋を2つに分けるリフォーム

-->

子供が小さい間は、共有の部屋を使用していても、年齢が進むにつれて、それぞれの子供部屋が求められ、 一つの子供部屋を二つに分けるリフォームをすることがあります。

リフォームの際に問題になるのが出入り口で、新しい出入り口をもう一つ付けることが理想ですが、 どちらか片方の部屋を通り抜けて出入りするようなことも多々あります。部屋を二つに分けるリフォームでは、 子供部屋のサイズにあった間仕切り家具を上手に使うことで、無駄なスペースを省くことが出来ます。

この間仕切り家具を中心に、ベッドやクローゼットを組み込み、それぞれ両側から使うようにすれば、 さらにスペースを確保をすることも出来ますし、壁を取り壊すなどの大規模なリフォームの必要もないでしょう。狭い面積でもアイデア次第で、 快適な子供部屋にリフォームすることが出来ます。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】