バリアフリーの玄関と玄関まわり

-->

高齢化社会に備えて、気軽に出入り出来る玄関や玄関まわりにリフォームすることも増えてきました。玄関や玄関まわりのリフォームでは、 バリアフリーにするため、段差を改善するためのスロープの設置や、健康な方にも便利な移乗台の設置、 歩きやすい床材への変更などが挙げられます。

玄関や玄関まわりの歩行面は出来るだけ平坦にし、滑りにくい床材へ変更したり、滑り止めの処理を行うことで、 子供や高齢者にも優しいエントランスを演出することが出来ます。将来的に車いすを利用することも考慮して、 バリアフリーのためのスロープを設置したりする工夫も、状況に応じて必要でしょう。

玄関の扉は、より広いスペースを確保するためには、引き戸にリフォームした方が良さそうです。、 明るい玄関や玄関まわりへのリフォームは、住む人の元気を引き出してくれ、地域の人が気軽に声のかけやすい安心出来る住宅になりそうです。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】