バリアフリーのトイレ

-->

高齢者や障害者にとって、トイレを自立して使用出来るということは、最も重要なことではないでしょうか。 トイレは転倒などの事故が起きやすい場所ですので、バリアフリーリフォームで、自立の手助けとなるトイレに変えていければ良いですね。

トイレのバリアフリーリフォームで、簡単に出来るのが、手すりの設置です。手すりは、立ったり座ったりする時にも、 重要な役割を果たしますので、高齢者がいる家庭では早めに取り付けるようにすると良いでしょう。また、1人で立ち座りすることが困難な方に、 降式便座を設置するリフォームがお勧めとなります。これは、便座が電動で上下するため、介助がなくても楽に動作をすることができ、 トイレの自立を安心して行うことが出来ます。

少しでも自立した生活が送れるようになるためにも、バリアフリーにするリフォームを取り入れていきたいものですね。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】