バスルームリフォーム1

-->

バスルームに力を入れて、住宅をリフォームする方も増えているようです。やはり1日の疲れを癒すバスルームは、 伸び伸びと足を伸ばして、湯船につかれる広さがほしいものです。しかし、バスルームを広くするための増築は、周囲の部屋の関係などからも、 なかなか難しい問題があります。

増築をしなくても簡単に浴室を広げることが出来るリフォームの方法として、バスルームに出窓をつけるという方法を、ご紹介しましょう。 バスルームそのものを増築することなく、出窓をつけることによって、バスルーム全体の面積が広くなり、 一回り大きい浴槽を設置することも出来ますし、洗い場部分の面積も広くなって、広々としたバスルームにリフォームすることが可能になります。 また、浴槽の端が出窓の部分にかかるようにリフォームすることで、浴槽の中に段差が生まれ、 脚台や半身浴用のベンチとして使用するなどの工夫が可能になってきます。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】