屋根のリフォーム

-->

屋根は、風雨を防ぐという重要な役割を担っているものだけに、劣化によるリフォームも適宜必要となります。 屋根のリフォームをいつ行ったらいいのか、タイミングを見極めることが大切です。

屋根のリフォームが必要になるサインは、具体的には屋根にコケや雑草が生えてきたり、枯葉が溜まり始めた状況、瓦がずれたり、 屋根の色あせが目立ったりした場合などが挙げられます。これらのリフォームサインがでてくると、屋根の美観も損なわれ、 雨漏りの原因になったり、瓦の落下等の心配も出てきますので、専門の業者に点検をしてもらうことをお勧めします。

このタイミングを見逃したままでいると、雨漏りで内部の柱を腐らせたり、天井や壁にシミをつけたりといった状況にもなり、 住宅の寿命を縮める原因にもなります。屋根のリフォームの必要性を的確に見極め、早めのリフォームをすることで、 大切な住いを守っていきたいものです。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】