床下のリフォーム

-->

住宅を長持ちさせるためには、床下のリフォームは大変重要になります。床下は湿気がたまりやすい場所で、 特に冬場は結露が出やすくなるなどケアが必要な場所です。床下の湿気を取り除くことによって、住宅の耐久性を高めることが出来、 ダニやシロアリ等の害虫の活動を低下させることにも繋がります。

リフォームの方法としては、床下全面に防湿コンクリート層や防湿フィルムを設置する方法や、 床下に乾燥機や送風機等を設置して風の流れを作ったりする方法があります。床下のリフォームは、 床下からのカビやダニの侵入を防ぐことにもなりますので、積極的にリフォームを考えてみたいものですが、様々なプランを比較して、 住宅に合ったプランを選ぶことが大切です。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】