バリアフリー寝室リフォーム

-->

介護が必要な方にとっての、寝室のリフォームを考えてみましょう。介護される方は、1日のほとんどを過ごす場所でもありますので、 より快適で安全なバリアフリーの寝室にする必要があります。まず、寝室はトイレやお風呂から、なるべく近い場所に配置し、 移動の負担を軽減することが大切です。

日中は日当たりが良く、風通しの良い部屋を選ぶことが大切で、いつでも部屋を清潔に保つことが出来るような家具の配置も大切です。 また、家族の集まるリビングと寝室とがあまり離れていると、孤独感を感じる原因にもなりますから注意しなければなりません。

バリアフリーリフォームには他に、ベットの横に手すりをつけたり、滑りにくいクッション性の床材に張り替えたり、 緊急時脱出のために床まである大きな窓をつけるなどがあります。寝室が散らかっていると転倒などの危険がありますし、 落ち着かないものですので、掃除のしやすいすっきりとした収納も大切なバリアフリーのリフォームになります。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】