バリアフリー階段リフォーム

-->

階段は高齢者にとっては勿論、家の中でも事故の多い、危険な場所となりますので、 しっかりとバリアフリーにリフォームしたい箇所になります。

階段のバリアフリー化のポイントは、移動がスムーズに行えるようにすることと、転落事故を防ぐということの2点につきます。まず、 階段のバリアフリーリフォームでは、手すりの設置が一番手っ取り早い方法となります。手すりは、階段の両側に設置するのが理想ですが、 片側にしか設置できない場合には、利き腕側に設置するようにしますが、下りる時の利き腕にされることが多いようです。また、 階段の始めと終わりは転倒しやすいので、手すりは必ず踊り場まで伸ばすようにしたいものです。

長い階段であれば、途中で踊り場をとるようリフォームすれば、万が一のための転落の被害を最小限に抑えることが出来るでしょう。 さらに、階段のバリアフリーリフォームでは、足元を照らす照明の設置も必要です。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】