子供部屋を孤立させないリフォーム

-->

子供は成長とともに、独立した子供部屋を欲しがるようになり、それも一つの成長の過程として大切なことではあります。しかし、 玄関から誰にも見られずに直接出入りできるような子供部屋だと、家族から孤立してしまうようなことも考えられます。 そのようなことのないよう、子供部屋を家族とのコミュニケーションをとれる形にリフォームすることも大切になってきます。

例えば、子供部屋へは、必ずリビングを通らなければいけないようにすることなどで、子供が孤立して、 好き勝手なことをするのを防ぐことが出来ます。、また、子供部屋の位置が移せない場合は、 部屋の中が見えるように窓ガラスを設置するという方法もあります。廊下に面した部屋であれば、廊下との間仕切り壁に窓をつけて、 部屋も明るく風通しも良くなるというアイディアもあります。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】