押入れのリフォーム

-->

押入れをリフォームして、使いやすい収納に作り変える方も多いようです。一般的な押入れは、下段と上段に分けられており、 その上に天袋があります。天袋は、高い位置にあって奥も深い空間ですので、使い勝手が悪く、重いものは入れられないし、 一度入れたものは二度と下りない、ということもありうるのではないでしょうか。

押入れをリフォームする方法として、天袋をやめて地袋にして、そのまま押入れを押し上げることで、地袋の高さは60cmになり、 ふとんの出し入れもしやすい高さになります。上の段には、シーズンオフの寝具や、めったに使わないものを収納することが出来ます。地袋には、 日曜大工道具などの重いものを収納したり、押入れ用タンスを入れて、シーツや枕カバーなどを収納することも出来ます。予算があれば、 はじめから整理ダンスを作ってしまうことで、奥行きを活かしたシーズンごとの収納が可能になります。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】