マンションのリフォーム

-->

基本的にマンションも、占有部分に限ってはリフォームが可能ですし、 入居する前に自分たちの使いやすいようにリフォームする方もいらっしゃいます。ただし、マンションのリフォームには、 様々な制約があることも考えられますので、事前に確認しておく必要があります。

マンションでの占有部分と共有部分の境界線の問題などもありますが、原則として、占有部分とは自室の内側のことで、 共有部分は部屋の外側となっています。例えば、玄関のドアで言うと、玄関の内側の扉は色の塗り替えが可能でも、 外側の扉は塗り替えが出来ないということになります。

バルコニーや窓のサッシも共有部分となり、リフォームすることは基本的に出来ません。また、 マンションのリフォーム時の騒音問題にも注意を払わなければなりません。トラブルを避け、リフォームを円滑に行うためにも、 少なくとも両隣りと上下階の方には挨拶をしておくことが必要です。また、マンションによってはリフォームの際に、 事前に管理組合に届出が要る場合がありますので、確認しておくことが必要です。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】