リフォームで完全共有型の二世帯住宅

-->

二世帯住宅のリフォームの中でも、完全共有型となる住宅をご紹介していきましょう。

完全共有型の二世帯住宅へのリフォームは、プライベートな部屋以外は全て共有とし、 親世帯と子供世帯が一家族として一緒に暮らすタイプで、リフォーム費用の面では、一番コストを抑えられるタイプになります。 この完全共有型の二世帯住宅は、現在の住宅に少し手を加えるだけのリフォームで済み、親世帯と子世帯の交流が自然にとれ、 お互いに生活を手助けすることも出来る一方、プライバシーが守りにくく、トラブルも発生しやすくなる可能性をはらんでいます。

リフォームの際には、プライバシーを守ることも目的として、寝室以外にも世帯ごとの部屋を設けるなどの工夫も必要でしょう。 リフォームで二世帯が一緒に住むようになっても、お互いが気まずくなるような住宅では、意味がありません。リフォームをする前には、 十分に納得のいくまで話し合うことがなにより大切です。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】