リフォームで一部共有型の二世帯住宅

-->

二世帯住宅へのリフォームにも様々なタイプがありますが、ここでは親世帯と子供世帯とが、一部の共有スペースを持った、 一部共有型住宅をご紹介していきましょう。

一部共有型の二世帯住宅では、玄関や水回り、リビングなどを共有するパターンが比較的多いようで、玄関だけ、 玄関と水周りなど組合せのパターンも多様です。一部共有型にリフォームすることによって、 面積的にもゆとりを持った住宅を作ることが出来ますし、リフォーム費用の面でも、比較的安く抑えることも可能なようです。

食事の時間帯や入浴時間帯の違いなど、生活サイクルのずれも予想されますので、水回りを共有する場合には、 リフォームを開始する前によく話しあって、事前にトラブル回避の手立てを出し合っておくことが大切になります。一部共有型のタイプでは、 リビングをリフォーム共有することで、世代の違ったコミュニケーションが生まれ、いい関係を築きあげることが出来るのではないでしょうか。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】