リフォームで完全分離型の二世帯住宅

-->

二世帯住宅の一つの型、完全分離型へのリフォームは、共有する部分が全くなく、玄関や水周りなど、 全てが完全に分離した二つの住宅を同じ土地に建てるタイプになります。

完全分離型の二世帯住宅へのリフォームには、横と縦に分割するパターンがありますが、 土地の広さや生活スタイルに合わせてよく検討することが大切です。リフォームする時によく選ばれるのは、縦分割タイプの二世帯住宅で、 1階に親世帯、2階に子供世帯が住むというパターンは、一般的によく見かけるものでもあります。このタイプは、 1階部分にガレージなどを設けることも可能で、土地の利用効率が高いものとなっています。

また、お互いに1階、2階を利用することが出来る横分割タイプでは、遮光性や風通しも平等となり、 上下間の騒音が気にならないというメリットも魅力的です。いずれにしても、完全分離型にリフォームする場合には、 ある程度の延床面積が必要となり、費用面でも、日常的なコスト面でも多額にかかってしまうことを肝に銘じる必要があります。 無理に完全分割型の二世帯住宅にリフォームし、両方が狭い使いにくい家になってしまっては、もともこもありませんね。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】