耐震リフォーム

-->

日本は世界有数の地震大国で、阪神淡路大震災は記憶に新しいところです。阪神淡路大震災では、10万棟を超える住宅が倒れ、 特に1971年以前に建てられた住宅は、地震発生からわずか20秒で、7割の住宅が倒壊したと言われています。 住む人の生命にも影響する住宅の安全性は、今後ますます考えて行かなければならない課題でしょう。

築20年を超える住宅や耐震性が低いと思われる住宅は、 耐震リフォームによって地震に強い住宅に再生されることをお勧めしたいと思います。 無料で耐震性をチェックしてくれるシステムや団体もありますから、まずご自宅の安全性を確認することが大切になります。

耐震リフォームに関しては、悪徳業者に騙されたという被害もありますので、あわてず自宅の状況をよく把握した上で、 複数のリフォーム会社から見積を取ることが必要です。また、耐震リフォーム後のアフターサービスも会社によって様々ですので、 事前に確認してトラブルのないようにしたいものです。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】