リフォームの収納計画:収納の無駄チェック

-->

暮らしやすい住いは、収納の充実から始まります。リフォームの際は、収納計画もきちんと考えたいものですし、 収納スペースを確保する目的でリフォームなさる方も多いようです。

ひと昔前の住まいでは、収納スペースは、総面積の5%程度で事足りたものでしたが、現在では、モノが溢れかえってしまって、 全く収納スペースが追いつかない状態ではないでしょうか。リフォームで収納スペースを作りたいという方のために、新しく収納を作る前に、 今使っている収納スペースに無駄がないのかチェックして収納計画をたててみましょう。

まず、奥行きが深すぎて手前しか使えていないという無駄はありませんか。次に、 出し入れしにくい位置にあって使えていない収納スペースはありませんか。また、棚の位置が的確でなく、 スペースを有効に使えていない部分はありませんか。以上のことを、見直して、収納しやすい工夫をするだけで、 収納スペースを確保することが出来ますし、 リフォームの際にもスペースの無駄のないような部品などを最初から組み入れて収納計画を立てると良いでしょう。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】