リフォーム悪徳業者を撃退

-->

最近では、いきなり訪問してきて、訳のわからない専門用語を使って不安を引き出し、 必要のないリフォームを押しつけてくる悪徳業者の存在が、マスコミを賑わせています。悪徳訪問業者に騙されて、 必要のないリフォームをすることのないよう、十分気をつけなければなりません。

よくある悪徳訪問業者のパターンとして、屋根や外壁、床下や耐震のためのリフォームを勧めてくることが多いようです。 これらの部分は素人目には判断しにくく、自分では状況が把握出来ないため、簡単に騙されてトラブルにまきこまれることが多いようです。

トラブルに巻き込まれないためには、信頼できる業者に、定期的に住宅の検査や点検をしてもらう必要があります。 必要のないリフォームや不具合のリフォームでトラブルことがないように、自分の住宅の状態を把握しておくことも大切です。

【 リフォームの予備知識 TOPへ戻る 】